2016-07-15

食べる喜び・えがお

まず初めに食べる事は単に栄養をとるだけの目的ではありません。

昔の医療では食べられなくなった人には経管栄養や胃ろうによって栄養確保を行っていましたが、現在では少し考え方が変わってきています。

インターネット等で患者の家族が本当に食べられないのかを調べたりする事が出来るようになった背景もあります。

 

食事を楽しむには、おいしく食べられる事が重要ですが、おいしく感じるためには口の中が健康である事が大切です。

噛む力や飲み込む力は衰えてきます。

また味を感じる舌のケアも大切です。

歯や義歯のケアも含めて、口腔ケアの大切さを理解して欲しいです。

 

おいしく食べるだけでなく、同時に安全に食べる事も大切です。

食べる際には姿勢がとても大切で、上半身を起こして背中を少し丸め、やや首を前屈させます。

正しい姿勢で食事をしなければ、詰まったり、うまく飲み込めない原因となります。

ベッドで食事をされる際には、必ずこの角度に気をつけてください。

 

生きるために食べて栄養をとるだけではなく、おいしさや楽しさから満足感を得る事で「えがお」になり、生きる意欲を生み出します。

病気の進行によって口から食べられないのではなく、今食べられる方は自分の口で食べる事の大切さを諦めないで欲しいと思います。

安全で食べやすい食事なら、自分の口で食べ続ける事が出来ます。

 

*すこやか弁当では、高齢者の方の自立した生活を応援するために、配達時のえがおをお届けする事を徹底いたします。